現職組合員のサイト

  1. トップ
  2. 貸付事業
  3. 資金が必要なとき

貸付事業

7.①貸付金の償還方法及び償還回数について

貸付金の償還は,貸付金交付日の属する月の翌月(1か月据置)から開始となります。


償還方法

償還方法は,
 ・毎月元利均等額で償還する方法 【毎月償還】
 ・毎月償還に加えてボーナス支給日にも元利均等額で償還する方法 【ボーナス併用償還】
のいずれかとなります。
ただし,いずれの場合でも最終回の償還は未償還元金と利息を加えた額となります。
詳細は,下記「償還の種類」の「定期償還」 を参照ください。


償還回数

償還回数は,「3.貸付制度の概要」に記載の, 貸付種別ごとに規定された償還回数内で,借受人の希望により設定することができます。
ただし,償還回数の設定に際しては, 「貸付金の制限」 に記載のとおり,償還1回当たりの金額が制限の範囲内においてとなりますので,注意してください。
償還方法を【ボーナス併用償還】にされる場合のボーナス償還の償還回数は,毎月償還の償還回数内に到来する ボーナス支給日の回数となります。
定期償還中においては,下記「償還の種類」の 「臨時償還」 に記載のとおり,未償還金の全部又は一部を繰り上げて償還(臨時償還)することもできます。 詳細は「7.⑤臨時償還について」 を参照してください。

償還方法及び償還回数の設定に際しては,毎月どの程度償還可能か,ボーナスでも償還可能か (ボーナスでも償還を行うか)等を十分検討の上,ゆとりを持った返済計画をたてて, 資金借用申込書に記入し,申込んでください。


償還の種類
1 定期償還
毎月償還 貸付金交布日の属する月の翌月から毎月元利均等額で償還
ボーナス併用償還 毎月償還に加えて,貸付金交付日の属する月後,毎月償還の償還回数内に到来する期末手当及び勤勉手当 (以下「ボーナス」という。)支給日にも元利均等額で償還する方法
※ボーナス償還の対象とすることができる貸付金の額は,貸付金の額の2分の1以内で, 10万円を単位とします。

2 臨時償還

「定期償還」償還中に以下のいずれかの方法で繰り上げて償還することができます。
詳細は,「7.⑤臨時償還について」 参照。

全額繰上償還 未償還元利金の全部を一括して償還
一部繰上償還 未償還元利金の一部を償還
償還後償還回数を短くするか,償還額を少なくするかを選択します。
※但し,償還猶予期間中は一部繰上償還をすることはできません。

貸付金の制限
毎月償還 毎月償還する額の合算額は,その者の給料月額の30%に相当する額の範囲内とする。
※合算額=複数貸付けを受けている場合は,全ての貸付けの償還額を合計した金額
ボーナス併用償還 ボーナス併用償還については,毎月償還部分については,上記のとおりとし,ボーナス償還部分については, 1回あたりのボーナス償還する額の合算額が,その者の給料月額の60%に相当する額の範囲内とする。

前へ

次へ

一般財団法人 鹿児島県教職員互助組合事務局

電話番号:099-225-4555

窓口受付:月曜日〜金曜日(土・日・祝休業)

〒892-0841 鹿児島県鹿児島市照国町11-15

FAX番号:099-222-7750