よくある質問

トップページ > よくある質問

よくある質問

皆さんからよく寄せられるご質問を紹介しています。

保養施設利用補助

ディスカバー鹿児島キャンペーン(県民宿泊助成)の宿泊券と互助組合の宿泊利用補助券の併用はできますか?

 併用しても差し支えありません。予約の際は,必ず宿泊施設へ宿泊利用補助券を利用する旨お伝えください。

Web申請でユーザー名・パスワードの入力が上手くいかない/エラーメッセージが表示される

いくつかの原因が考えられます。以下のケースをご確認ください。

原因1:旧パスワードを入力している。

令和2年6月26日付けで通知している最新のものを入力してください。
※ユーザー名・パスワードは,現職者は所属宛,退職者は個人宛に通知しています。

原因2:旧パスワードがブラウザで記憶されたままになっている。

ブラウザで記憶したパスワードを一旦削除して,再度最新のパスワードを入力してください。
※記憶したパスワードの削除方法はブラウザ毎に異なります。

原因3:対応ブラウザでアクセスしていない。

対応ブラウザで閲覧していない場合,不具合が起こることがあります。このホームページの対応ブラウザはサイト利用についてをご確認ください。

原因4:全角入力になっている。

全角入力になっていると正しくパスワードが入力できません。
キーボードの「全角/半角」キーを押して,半角に切り替えて入力してください。

原因5:「Caps Lock」が有効になっている。

キーボードの「Caps Lock」キーがオンになっていると,アルファベットが大文字で入力されてしまうため,正しくパスワードが入力できません。キーボードの「Shift」キーを押しながら「CapsLock」キーを押すと、オン・オフを切り替えられます。

給付について(退職組合員)

医療補助金を初めて請求します。どうすればいいのですか?

 医療補助金請求書に必要事項を記入し,医療機関の発行する領収書又は医療機関領収 内訳(ピンクの用紙)を添えて提出してください。
 なお,「医療補助金請求書」及び「医療機関領収内訳(ピンクの用紙)」は,ハンドブック 10・12ページに記載していますのでコピーしてご使用ください。

同じ病院に2回以上通院していますが,1回の支払額が1,150円以上でないと請求できないのですか?

いいえ,同月の病院毎の合計額が1,150円以上あれば請求できます。

病院と調剤薬局は合計して医療補助金は支払われるのですか?

いいえ,病院と調剤薬局は別々に合計して,給付額を算出します。医療補助金の算出額は, 医療機関の合計額から1,000円を控除して70%の給付(100円未満は切捨て)です。

(給付例) A病院 B病院 C病院
窓口負担額 5,000円 3,000円 2,000円
医療補助金 2,800円
(5,000-1,000)×0.7
1,400円
(3,000-1,000)×0.7
700円
(2,000-1,000)×0.7
請求は1か月分をまとめて請求しないといけないのですか?

はい,自己負担額を把握する必要がありますので,医療機関が異なっても必ず同月分は まとめて請求してください。領収書が複数あるときは,提出漏れがないように確認して ください。後からの追加は電算システム上受理できないことがあります。

2~3か月分を同時に請求する場合,医療補助金請求書は月毎に添付しないといけないですか?

医療補助金請求書には,加入保険の種類及び保険証の記号・番号を記入する箇所があります。 また,医療補助金は,公的機関(国・県や市町村等)から助成金がある場合は,その分を差し 引き補助するため,診療月にどの健康保険で診療したかが明確でなければなりません。 従いまして,請求される診療分で加入保険が異なる場合,医療補助金請求書は2枚必要となり, 加入保険が同じ場合は,1枚で結構です。

領収書は,コピーでいいですか?

はい,コピーで結構です。ただし,コピーの場合,二重に請求されるケースがあります。 二重に請求されますと事務局の事務が繁雑になります。みなさまのご協力をお願いします。

貸付について

教育資金を申し込む場合には,どのような添付書類が必要ですか?

 以下の1,2の提出が必要です。

1 証明書等

  1.  入学の場合は,合格通知書の写し又は入学許可書の写し
  2.  在学の場合は,在学証明書
  3.  外国の教育機関の場合は,入学又は在学を証明できる書類及びこれの日本語の翻訳文の写し
  4.  スクーリング又は免許更新の場合は,所属長の証明書

2 資金使途の確認書類

  1. 「学費等支払い」を理由とする場合は,その金額が確認できる書類の写し
    (納付書,学費等が確認できるパンフレット等)
    ※ この場合,在学年数の間に要する費用を貸付の対象とします。
  2. 学費等以外の支払いを理由とする場合は,「支出予定明細書」(事様式第15号)
    ※ この場合,貸付日から概ね1年間に要する費用を貸付の対象とします。
教育資金で貸付の対象となる費用を教えてください。
  1. 学校等に直接納入する費用(入学金,授業料等)
  2. 教材や制服の購入費用
  3. 単身生活のための住居契約・家財道具の購入・引越等の費用
  4. 単身生活のための家賃,寮費
  5. 通学のための交通費(通学定期代)
  6. 受験に係る費用(受験料,旅費),留学のための費用(渡航費)

 上記①については在学年数の間に要する費用が対象となります。
 上記②~⑥については貸付日から概ね1年間に要する費用が対象となります。

 また,すべての費用について,支払いが確定している費用かつ未払いの費用が対象となります。(ただし,貸付日から遡って概ね1ヶ月以内に支払った費用は対象とします。)

相殺貸付は,いつでもできますか?

償還した回数が24回以上経過していれば,相殺貸付ができます。

自動車資金を申し込む場合には,どのような添付書類が必要ですか?
  • 自動車購入の場合は,注文書または売買契約書
  • 修理の場合は,見積書または請求書

 ※ いずれの書類も,写しでも可

申し込んでからどのくらいで送金になりますか?

受付後10日以内に送金します。ただし,毎月21日以降の送金はしていません。

トップへ戻る