「退教互」とは

トップページ > 退職組合員の方へ > 「退教互」とは

「退教互」とは

「退教互」とは

退職教職員互助制度(退教互)は,退職後の生活の安定と生きがいの充実の一助を願い,相互扶助の理念に基づいて 1977(昭和52)年3に月発足しました。
疾病又は負傷により治療を受けたとき,保険負担分に対して補助金を給付する「医療補助金」を主な事業としております。その他,保養施設利用補助金等の事業も行っております。

「退教互」とは

給付について

加入について

退職時に50歳以上で,10年以上組合員期間を有する者が,退職した日から2ヶ月以内に退職関係給付金等申請書により加入の意思表示をし,拠出金を納入することにより加入できます。

継続組合員期間について

75歳に達するまで各種給付の申請や互助組合が発行する広報誌をお届けします。
また,死亡したとき,その他理事会が継続組合員として適当でないと認めたときは資格を喪失します。中途退会の制度はありません。

加入の要件

拠出金について

加入に際して,次に掲げる拠出金の納入が必要となります。ただし,この拠出金は, 一般財団法人鹿児島県教職員互助組合特別見舞金規程第10条に規定する積立金から充当されます。
加入時に納められた拠出金は,退会時に返金はありません。

退職時点の年齢拠出金
60歳以上300,000円
59歳以上60歳未満320,000円
58歳以上59歳未満340,000円
57歳以上58歳未満360,000円
56歳以上57歳未満380,000円
55歳以上56歳未満400,000円
54歳以上55歳未満420,000円
53歳以上54歳未満440,000円
52歳以上53歳未満460,000円
51歳以上52歳未満480,000円
50歳以上51歳未満500,000円

登録内容変更について

次のような場合は,「退教互諸変更届」(退第1号様式)に記入してお知らせください。なお,登録口座変更の場合には通帳の写しを添付ください。

  1. 住所の変更
  2. 登録口座(鹿児島銀行県庁支店,九州労働金庫全支店,ゆうちょ銀行)の変更
  3. その他登録内容の変更
トップへ戻る