現職組合員のサイト

  1. トップ
  2. 保養施設利用補助
  3. 利用補助とは

保養施設利用補助

利用補助とは

保養施設利用補助券は心身のリフレッシュと元気回復を目的とした事業です。 本人はもちろん公立学校共済組合の被扶養者を範囲としてご利用いただけます。
年間を通した利用補助と夏休み期間の「山の家・海の家」の利用補助があります。 ぜひご活用ください。
ただし,公務出張での利用はできません。ご注意ください。


「指定保養施設」宿泊利用補助券

年間を通して利用可能です(湯治旅館施設を含む)。
ただし,湯治旅館を除き月内7泊までです。

補助対象者 補助額
(清算時に協定料金から差し引かれます)
現職互助組合組合員本人
及びその扶養親族(満3歳以上)
1泊につき  一人 1,500円
(未就学児は実費負担があった場合のみ)

※現職と継続は,申込書が異なります。それぞれの様式をご利用ください。


「山の家・海の家」利用券

夏季休業期間限定の公立学校共済組合鹿児島支部との共催事業です。
期間中1人2泊まで利用可能です。

補助対象者 補助額
(清算時に協定料金から差し引かれます)
現職互助組合組合員本人
及びその扶養親族
1泊につき 一人
 大人(中学生以上) 4,000円
 小人(満3歳以上 小学生まで) 3,300円
 (未就学児は実費負担があった場合のみ)

[共済組合一般(現職)組合員の補助額も上記金額に含まれます。]
共済組合単独組合員
〔互助組合非加入者〕
本人及びその扶養親族
1泊につき 一人
 大人(中学生以上) 700円
 小人(満3歳以上 小学生まで) 500円
 *未就学児は実費負担があった場合に限る

「山の家・海の家」開設案内(現職者用)

※現職と継続は,申込書が異なります。それぞれの様式をご利用ください。


「特別保養施設」利用補助券

永年勤続休暇を取得できる当該年度(45 歳又は55 歳時 のいずれか)に達した現職組合員が対象です。
当該時点で既に退職している者は対象外です。
対象者には年度始めに特別保養施設利用補助券申請書を送付します。

給付対象者 給付内容
永年勤続休暇を取得できる当該年度(45 歳又は55 歳時 のいずれか)に達した組合員及び同伴者1人 1回を限度として規定の特別保養施設利用補助費を給付

一般財団法人 鹿児島県教職員互助組合事務局

電話番号:099-225-4555

窓口受付:月曜日〜金曜日(土・日・祝休業)

〒892-0841 鹿児島県鹿児島市照国町11-15

FAX番号:099-222-7750